相場はどれくらい?!婚約指輪

昔は「給料3か月分」今は?


一昔前は「給料3ヶ月分」が相場だと言われていた婚約指輪ですが、最近の事情はそうとも限らないようです。実際に婚約指輪を購入したカップルに聞いたアンケートでは、一番多かったのが10~20万円の指輪、ついで20~30万円、3番目が10万円未満の指輪という結果が出ました。半数以上のカップルが30万円未満の指輪を購入していることになります。お給料の1か月分くらいの目安ですね。
女性側の気持ちとしては金額にはこだわらない、という人が半数近くを占めているようです。金額の大小よりも、指輪を贈られる、ということ自体が何よりの喜びとなるようです。また、男性に対して無理をしないでほしいという気持ちもあるようです。二人で始める結婚生活の、最初の記念の品になるわけですから、自分たちに見合った現実的な選択をしてほしいということですね。

婚約指輪のデザインは


婚約指輪は宝石をあしらったデザインのものが一般的です。使われる石はダイヤが最も多くなっています。ダイヤには「永遠の愛」という意味があるのです。ルビーやエメラルド、女性の誕生石などを使ったものなどもあります。中には、親や祖母などから受け継いだ指輪を使う方もあるようですね。
指輪のデザインもいろいろあります。オーソドックスなのは立て爪タイプと言われるもので、一粒石が目立つデザインですが、爪の部分が引っかかりやすいという一面もあります。その他にも、宝石をリングの中に埋め込んだようなデザイン、他の宝石をあしらったデザインなどもあります。また、結婚後、婚約指輪と結婚指輪を重ね付けできるように最初からデザインされたものもあります。実際に使用するのは女性ですから、女性の希望に合わせて選ぶのもいいかもしれませんね。

プロポーズとは英語の「propose」の外来語であり、申し込むこと、特に結婚の申し込みをすることです。